【沖縄・北谷町】りんくる食堂 まるでアメリカのグランマの家!レトロシャビーな無添加沖縄そばの店


北谷町(ちゃたんちょう)浜川にある沖縄そばの店「りんくる食堂」さんに行ってきました。
住宅街の中にあるこちらのお店は全て天然素材・化学調味料なしの優しい無添加スープが特徴。



りんくる食堂

RINKUL SHOKUDOUの表札が目印













りんくる食堂







りんくる食堂


11:00〜15:00までがランチタイム
17:00〜22:00からはバータイム(予約制)になります。







りんくる食堂


正面玄関横にも飲食スペースがあります。そこはかとない実家感ですでに胸がいっぱい。





りんくる食堂


裏に回ると6台くらいは余裕で停められる駐車場があります。
大きな英語表記のメニューが目印です。





りんくる食堂


店内に入ってすぐ左手にはレジとカウンター席。
クレカやPaypayなどのバーコード決算も利用可能でした!







りんくる食堂

メニューはこちら。今回は三枚肉、なんこつソーキ、塩なんこつソーキの3種類のお肉が楽しめるりんくるそばを注文。
ミニタコライスなどのセットもありました。







りんくる食堂

ファイヤーキングのカップがたくさん!
こういうクッキージャーおばあちゃんの家にあるある











りんくる食堂




りんくる食堂






りんくる食堂

店内の小物はどれも長いあいだ大事にされてきたのだろうなと感じるレトロさ。
こじんまりとした店内に詰め込まれたかわいい雑貨たちは見ているだけで楽しく、料理が運ばれてくるまでの待ち時間があっというまにすぎてしまいます。






りんくる食堂


お待ちかねのりんくるそば。
麺は中太縮れ麺。市販の麺を使う沖縄そばのお店も増えてきましたがこちらはお店のオリジナル麺です。
国産豚、県産鶏、県産かつお節などを使用した無添加スープは澄んでいてきれい。


お肉は唇だけで噛み切れるくらい骨までとろっとろ。
最初はスープの味が薄く感じ、塩や醤油をかけないと食べるの辛いかも…、と思いましたが徐々に慣れてくると優しいだしの風味を感じられるようになり、麺の風味を感じられるようになり、濃い味に侵されていた身体が浄化されていく気分。







りんくる食堂


スープの味が濃ゆくないぶんお肉の味をしっかりと味わえました。ガンガンに甘く煮付けられ生姜で臭み消しされたソーキではなく良質な素材で煮込まれた優しい味のソーキは初体験でちょっと感動的でした。
素材に自信がなければ「塩」なんこつソーキなんて誤魔化しのきかないもの提供できないですよねと納得。
最後の一滴まで美味しく頂けました。









りんくる食堂

外人住宅をリノベーションしたおしゃれな店内ですが、レストルームはほぼ手を加えておらず真横にシャワーが。むかし住んでいた外人住宅を思い出しノスタルジー。懐かしさでちょっと泣きそうでした。好き….。
このレトロなラジオは飾りではなく実際に動いていてFMが流れていました。









りんくる食堂

大きな鏡やたくさんのサインプレートで飾られたロッカーが洒落てます。







リラックスできる雰囲気と、素材の味を大事にした沖縄そばの味は地元のお客さんに愛されランチタイムには常連さんで賑わいます。
作られた「シャビー感」ではなく、本物のアンティークシャビーなインテリアや雑貨に囲まれて本物の外人住宅を体感できるお店は観光で来られる方にもおすすめです。


りんくる食堂
〒904-0112 沖縄県中頭郡北谷町浜川186

 
りんくる食堂さんで沖縄そばを食べたあと、同じ浜川にある氷ヲ刻メさんでかき氷を食べるのもおすすめ!


関連記事

北谷町(ちゃたんちょう)浜川にあるかき氷専門店「氷ヲ刻メ」さんに行ってきました。SNSやクチコミで人気なので数年前から存在を知ってはいたものの実際にお邪魔したのはこの日が初めて。期待値高めで向かいました。 場所は北谷町のメイ[…]




error: Content is protected !!